折り畳みマットレスのカビ対策と処分方法

皆さんは折り畳みマットレスのお手入れはどうされていますか?

マニフレックスのメッシュウィングやDDウィング、そしてエムリリーの優反発マットレスなど、最近のマットレスは通気性が抜群に良くなっています。

汗をかいてもすぐにマットレスが吸ってくれてとても気持ちよく寝られる反面、マットレスの下に湿気が溜まりやすくなっていますので、定期的なお手入れが必要になります。

そのまま敷きっぱなしではマットレスも痛んできますし最悪、カビが生えてしまうこともあります!

折り畳みマットレスのカビ対策

今、あなたがお使いのマットレス、カビ対策は万全ですか?

マットレスには保証がついていてもカビが生えてしまうと使えなくなってしまうこともありますので、できればこまめにお手入れしたいものですね。

朝起きたら、マットレスを立てておくだけでも湿気は飛びますし、裏面に風が当たる場所ならなおいいですね。

重い折り畳めないマットレスだと移動させるだけで大変ですが、折り畳みマットレスは簡単に畳んで移動させられるので便利ですよね。

畳みやフローリングにそのまま敷いて寝ている人は特に、マットレスと畳や床のあいだに結露がたまりやすいので絶対に敷きっぱなしにせず、立てて置いてくださいね。

どんなマットレスにもいえることですが、「敷いたままにしない」ことと、「壁や床からマットレスを離して置く」ことが湿気対策で大切なことですよ。

寝ている時にマットレスを壁にひっつけている人も多いと思いますが、湿気を考えると壁から離して寝るほうが、風が通るのでおすすめですよ。

また、マットレスの下にスノコを敷いたり、除湿シートを敷いておくのもいいと思います。

私はエムリリーの三つ折りマットレスを使っていますが、今はスノコを敷いてから、その上に除湿シートを敷いて湿気を予防していますよ。

でも、裏面の湿気を飛ばすために必ずマットレスは立てておきます。

せっかく動かしやすい三つ折りマットレスを購入したので、それを存分に生かしてお手入れしていきたいですね。

折り畳みマットレスを長持ちさせるためには?

また、湿気を飛ばすだけでなく、マットレスをへたりにくくしたいと思いませんか?

三つ折りマットレスを長く使っていると、真ん中の部分だけが腰やお尻の重さでなんとなくへこんできてしまうことがあります。

足を乗せている部分は全然へこんでいないんですよね。

真ん中のマットレスは1番体重がかかる部分ですので、できればこれを防ぐためにご自身で定期的にマットレスからウレタンフォームを取り出して、交換していくのがいいと思いますよ。

へこんだ部分はできるだけ体重がかからない部分へと入れ替えていくと、「真ん中だけへたってしまった!」ということを避けられますね。

少し面倒に感じるかもしれませんが、3枚すべてをまんべんなく入れ替えていって、良い寝心地を長く保ちませんか?

折り畳みマットレスの処分方法

マットレスを購入する時に、古いマットレスを引き取ってくれるサービスがある購入先もありますので、購入時には一度確認をしてみましょう。

そういうサービスがない場合は、粗大ゴミの際に出すのがいいかと思います。

もし、今使っているのがウレタンやラテックスのマットレスなら、少し時間はかかりますが細かく切って可燃ゴミとして捨てることもできますよ。

※ゴミの分別はその地域によって違うため、まず「○○マットレスは何ゴミに分類されるのか?」ということをお住まいの自治体に必ず確認してみてくださいね。

「粗大ゴミまで待てない!」という人は、ゴミ処理施設に持ち込むか、お金はかかってしまいますが不用品を回収している業者さんに頼むという方法もあります。

マットレスは置いておくとかさ張ってしまうので、お金のあまりかからない方法で素早く処分したいものですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする