【ウレタン、コイル】寝心地を左右する高反発マットレスのタイプ

高反発マットレスというと、従来のボンネルコイルマットレス、ポケットコイルマットレスではなく高弾力性のウレタン素材を思い浮かべる方が多いかと思います。

実際、「高反発マットレスです!」と売り出されているマットレスの大半はウレタンフォームが使われてます

また浅田真央さんがイメージキャラクターになっているCMでもおなじみの「エアウィーヴ」もエアー系素材を使った高反発マットレス、

最近ではコマックスジャパンの「ラテシア」やセンベラなどで有名な、天然ラテックスを100%使用した高反発マットレスも発売されているんですよ。

さまざまな新しい素材が出てきていますが、どういう素材でどんな寝心地なのかを解説します。

低価格でフィット感が高く弾力性を選べるウレタン

ウレタンの弾力性、反発力でマットレスの硬さの目安がわかるのがウレタンです。

低反発マットレスでもウレタンが使われてますが、高反発マットレスの場合はより弾力性の高いウレタンが使われてます。

ウレタンはマットレス以外でも枕やソファー、車や電車の座席でも使われてますよ。

ウレタンは製造加工しやすいので、原価を抑えることが出来るので比較的低価格で良いマットレスを選ぶことが出来るのも人気の理由です。

ポケットコイル、ボンネルコイルでもウレタンが使われてる

また、体へのフィット感が高く寝心地が良いのも人気の理由で、

実際はポケットコイルやボンネルコイルのマットレスの詰め物にも、寝心地を向上させるためにウレタンが使われてるので、今はほぼすべてのマットレスで使われてます。

通気性抜群のエアーマットレス

エアー系の素材とは、細いポリエチレン樹脂の繊維を使ってまるで空気を絡めて編んだように作られた素材のことです。

素材のほとんどが空気なので、通気性は見た目通りウレタンフォームよりもかなり優れていて蒸れにくいようになっています。

そしてなんといってもこのエアー系の素材のマットレスは、本体を水で洗うことができるんですよ!

マットレスが丸洗いできるなんて…当時はかなり衝撃を受けました。

ただ、エアー系の素材は熱に弱く、あまり天日に干していると劣化が早くなってしまうため、天日干しをする場合は1時間程度までとなっていますよ。

丸洗いができて、高反発マットレスが持つ「寝返りをしやすい」「体圧分散に優れている」という特徴があり腰痛にも効果的なようですが、残念ながら品質の良いウレタンよりかなり耐久性は低い傾向があります。

高いけど品質の高い天然ラテックスマットレス

ラテックスを使ったマットレスには、天然ラテックスと合成ラテックスがあります。

天然のラテックスには「エアセル」という細かな気泡がたくさんあり、その気泡が繋がっているため空気が常に循環してとても通気性が良くなっています。

そして天然ラテックスは高い反発力を持っているため寝返りがしやすく、寝ている体の線に沿ってフワフワとフィットして、体にかかる圧力を広く分散させてくれるのです。

またそれだけではなく天然ラテックスは自然の抗菌効果があり、バクテリアなどが生息できずダニやホコリを寄せ付けないという嬉しい効果もありますよ。

それから気になる耐久性ですが、天然ラテックスが含まれる割合が高ければ高いほど耐久性がよく、コマックスジャパンの「ラテシア」には最長10年間の品質保証があります。

しかし天然ラテックスは天然ゴムの樹液を集めて作りますので手間もコストもかかり、その分お値段もお高めとなっていますね。

コマックスのラテシアの場合ですが、天然ラテックス100%の高反発マットレスで(厚さ5cm)86400円(税込)となります。

でもとっても寝心地がよく体をしっかり支えてくれるので、一度寝るとその感覚が忘れられなくなるのだとか。

合成ラテックスには注意!

一方、合成ラテックスは石油で作られており量産ができるためお値段もお手頃価格ですが、天然のラテックスのように空気循環がないため通気性には優れていません。

また、2~3年すると形状が変わってきてしまいあまり長持ちしませんのでおすすめはできないですね。